Herokuが無料でなくなる日

Shunsuke Sawada

Herokuは便利だった。
どんなウェブアプリをつくる時もとりあえず無料でつくれて、けっこう色々とつくった。
Startup Weekendでアプリをサッとつくりたい場合とか、ホント便利。

そんなHerokuの無料ライフもあと少しで終わってしまう。
使ってる人は既にメールがあったと思うけど、このアナウンス。

Heroku | New Dyno Types and Pricing Public Beta
   
新プラン
  
Herokuのアプリは1時間アクセスがないとスリープしてしまうんだけど、
スケジューラーで curl http://xxxxxxx とかやって自分で起こしてあげれば実質24時間稼働してくれた。

今回からはそれがダメになる。
新しいFreeプランは18時間の稼働のみ。それ以外は絶対にスリープするらしい。
18時間を超える場合、最初の2ヶ月は警告のみらしいが。

Another important change has to do with dyno sleeping, or ‘idling’. While non-paid apps have always slept after an activity timeout, some apps used automatic pinging services to prevent that behavior.

Heroku’s Free (as in beer) Dynos
  
夜は眠っていいような実験用のアプリや、定期的な処理だけさせるアプリはいいけども、
ウェブサービス運営は18時間じゃ無理だよね。

Existing applications with a single 1x dyno will be migrated to the new Free dyno after July 1, 2015.

無料で使っていたアプリは 7月1日から新プランが適用されるとのこと。

今まで無料で使えてたってのがあり得ないので、素直に$7/app払います。
はやくサーバー代たくさん払えるようなサービスに成長させたい!
  

46
Shunsuke Sawada

おすすめの記事

herokuでCarrierwaveを使う時にいろいろハマった
4
GithubにRailsのWordpressっぽいブログアプリを公開しました。
43
Heroku / デプロイしたのに謎のエラーでログ見ても手がかりがない時の対処法
11