Udemy / Blue Yeti で録音する際の打鍵音を減らす

Udemy オンライン講座の録音を BlueYeti でやってます。

こちらですね。
Blue Microphones Yeti USBマイク

これを使って2つ目の講座を作ったのですが、キーボードの打鍵の音で悩まされていました。
コンデンサマイクの性能が良すぎてどんな小さな音でも拾ってしまう。。
音質はかなり良いのですが、それ故の悩みです。

そこで Rode の SmartLuv+ というピンマイクを紹介してもらったのですが、ピンマイクだと音質に満足できませんでした。

Yeti での収録大変だなぁ.. とイマイチ気が乗らなかったのですが、700円足らずのカバー買ったらかなり改善!
SUNMONマイクスポンジの防風カバー Blue Yeti

ポップガードと同じ役割だろ、と思ってたんですが、かなりキーボードの音を拾わなくなりました。さらにマイクの位置を目線あたりに置いて、物理的な距離も持たせるとほとんど気にならない。

・Yeti の指向性は Cardioid Mode にセット
・ゲインは40%くらい

こんな感じのセットアップ。
IMG_1530

指向性はコレ。
Screen_Shot_2019-04-04_at_20.26.56
出典:https://www.bluedesigns.com/products/yeti/

  
そもそも打鍵音をできるだけ消そうと、キーボード用のシリコンカバーを買いましたがそれがなくても収録できそう。

  

また、最初の講座は iMovie、2番目の講座は Camtasia で作成したのですが、ScreenFlow というアプリケーションが圧倒的に便利な気がします。
特にバッチエクスポートは便利。100本の動画を手動で書き出したくない。
挿入する文字のラインハイトが指定できるのも良い。Camtasia の文字組は酷すぎるから...。
3本目はこれで作ってみようかと勉強中です。

Udemy の講座制作のストレスが激減しそうな予感ですが、
制作時間があるかどうかはまた別のお話。
  

何かありましたらコメントをどうぞ

comments powered by Disqus

人気の記事

950 Points チリ出身のギタリストが弾くドラゴンボールZがむちゃくちゃかっこいい…
774 Points Wordpress + Heroku + PostgreSQL + Amazon S3 = ¥0 / 無料でサイト運営
700 Points Rubyのチートシート 変数 / クラス / モジュール
524 Points Rubyのチートシート / アクティブサポート
451 Points 紙のデザイナーがウェブ開発できるようになるまでに必要なこと
435 Points Rails / Google Analyticsのデータを使って分析や管理画面のためのグラフをつくる
323 Points RailsとHerokuでノーティフィケーションをプッシュする / PusherとTurbolinksの兼ね合い
222 Points Rails / RSpec テスト書いたことない メンドクサイ(n´Д`)という時のチートシート
193 Points Rails / Ajaxを使って画面遷移しない一時保存機能をつける
193 Points Protractorでスクレイピングしてみた