よく使うxpath / スクレイピングメモ

Shunsuke Sawada

自分用のメモです。
随時更新していきます。

●番目以降の要素

1
//table[@id='foo']/tbody/tr[position() >= 2]

id="foo" というテーブルの、tbodyの中の、2番目のtr以降を取得

特定のクラス名を持つ要素

1
//table[contains(@class, 'foo')]

fooというクラス名を持つテーブル
table[@class='foo'] だと、複数クラスを持っている場合にスルーされてしまう。

2
Shunsuke Sawada

おすすめの記事

Railsを4.2にバージョンアップしたら、Vagrantのローカル開発環境にアクセスできなくなった問題
Railsのバリデーションエラー後にレイアウトが崩れるとき
acts-as-taggable-on タグを表示させる順番を決めたい