英語を勉強しながらウェブも勉強するために。

Shunsuke Sawada

オーストラリアに来て、英語を勉強するぞーーーと
意気込んでいたのは最初の半月位だったかもしれない。

しかも最初の1ヶ月で英語学校が退屈になってしまって、ウェブの仕事を始めたので、
「勉強」として英語と付き合っていたのは、ほんのわずかな時間。

この前、ビザのためにIELTSを取らねばならず、その時も1ヶ月集中して勉強しただけ。
まぁ勉強っぽい勉強ってのはやっぱりつまらないんだな。
なんか他にエキサイティングな要素がないと続かない。

特にウェブの世界でエキサイティングなことね。

シドニーでMeetupに参加するとかは、とてもいいアイデアでした。楽しかった。
でも毎週行けるわけじゃないし、行っただけではやっぱり英語力はつかないので、
勉強はやっぱり必要になってきます。

しかも英語だけじゃなくて、ウェブの情報収集も一緒にしてしまいたい!
という欲張りさんに最適なのはコチラっす。

SHOP TALK SHOW (ショップトークショー)
http://shoptalkshow.com/

毎回ゲストを招いて、ウェブの最新情報についていろいろと語るポットキャスト。
リスナーからの質問も募集してて、答えてくれるコーナーも。
サウンドエフェクトも凝っている(?)し、ジョークもたくさん入るのでかなり楽しい。

※ウェブ関係で働いている人じゃないと、いろいろと用語が意味不明だと思います。

最新のPodcastはこちらのゲスト

062: WITH BRANDON MATHIS

MongoHQで働いていて、Compassチームの一員で、Octopress(コレ聞いて初めて知った)というプロジェクトも走らせている人。すごいね。Octopressはおもしろそう。静的HTMLを生成するフレームワークだそうです。

Sassに関する質問にもたくさん答えていてためになる。
例えば、、、
質問
毎回Sassファイルを保存する時に、30秒くらいかかっちゃうんだけど、
こういうもんなの?何かいいアイデアある?
答え
多分、なんでか分からないけど、Sassのキャッシュが適切に保存されていないんだろね。

技術的なことだけじゃなくて、
「最近カスタマーサービスからウェブデザイナーに転職しようとしてるんだけど、どう思う?」
とかいうちょっぴり人生相談みたいなのもある。

とかとか、こんな感じで1時間も続く。
普段英語の情報サイトとか見ていないから、
最新の技術がだとか、こんな学習サイトがあるだとか、
日本のサイトでは話題にならないようなことも多いです。ナイス。
まぁここオーストラリアだから、それが普通って言われそうですが。。。

英語が早くて、最初は難しいかもしれないけど、
同じエピソードを何回も何回も聞けばなんとなくわかるはず。
ウェブの人なら技術的な言葉がヒントになって、何言ってるかも分かりやすい。

オススメです。

Shunsuke Sawada