スタートアップが陥る10の失敗 by Guy Kawasaki

Shunsuke Sawada

UC Berkeley Startup CompetitionでのGuy Kawasakiの講義が面白かった。
Guy KawasakiはAppleの元チーフエバンジェリスト。
 

 
まとめてみると… こんな感じかな。
10個といいながら、11個あるんだけどね。

1. 巨大な数字

1億人の0.3%は…だから、これだけのマーケットがある…
というような考えはダメだ。

2. 組織拡大

すぐにスケールしなかったから潰れた会社なんてない。
小さく始めよう。

3. パートナーシップ

パートナーシップに意味はない。
とにかく意味がない。

4. パワポでの売り込み

とにかくプロトタイプをつくれ。
パワポなんかいらない。

5. プレゼン資料

プレゼン資料の中に書き込むな。
「10スライド / 20分 / 30pt以上のフォントサイズ」のルールを。

6. 直列作業

すべては同時に進行する。1つのことに集中してなんかいられない。
開発、営業、マーケティングなどはいつも並列進行。

7. 投票

過半数(51% vs 49%)の投票には意味が無い。

8. 特許

特許はなにも守ってくれない。
あなたが特許を取ると言った時に「いいアイデアだ」と言う投資家はダメだ。

9. 雇用

基本的には「作る人 / 売る人 / 集金する人」がいればいい。

10. VCと友達になる

ベンチャーキャピタルが欲しいのはお金。それ以外に興味はない。

11. VCに頼る

彼は忙しい。1ヶ月に2〜3時間もらえれば良い方だ。
 

8
Shunsuke Sawada

おすすめの記事

OSをMavericksにアップデートしたらVagrantが止まった / 回復した
11
刺激をうけた本やプレゼン
8
Startup Weekend に参加していろいろ学んだ
70